松山 将三郎 Shozaburo MATSUYAMA

株式会社サンクスUP  CEO

神戸市生まれ、岡山県育ちの45歳(2024年現在)。
岡山大学で心理学を学び、パチスロ会社、IT会社を経て独立。人生で2度のリストラと3度のコネで救われた経験から、減点なし加点のみの“評価しない評価制度”「サンクスUP!」を考案。褒め合い認め合う社風構築を実現する。

さらに最近ではChatGPTやMidjourneyなどのAIを活用し、マンダラチャートとOKR(Objectives and key results)を用いたチームビルディングへと進化。「働くをゲーム化しよう」をテーマ&合言葉に、人事評価制度構築・チームビルディング研修も実施している。

また同様にAIをフル活用することで仕事をRPGゲームのように表現し、ゲーミフィケーション化する方法を、全国のアナログな中小企業にDX推進のリスキリング講座としても展開中。

著書

『サンクスUP! 働くをゲーム化する人事評価システム』(牧野出版)

共著に 
『ChatGPTで経営支援 強い組織の築き方』(日経BP)   

講演テーマ例

「人事評価制度構築」
「チームビルディング」
「DX推進」
「リスキリング」
など

著者へのご相談・お問い合わせはこちら

著者派遣をご希望の方は
お問い合わせフォームよりご相談ください。