市場価値(統合型人間力)診断
 「セブンレイヤーズ」(PRESIDENT Model)とは?

セブンレイヤーズモデルモデル図
※セブンレイヤーズモデルは、市場価値測定研究所(㈱企業変革創造の研究機関)の登録商標です。

セブンレイヤーズモデルとは?

■1998年にリリースしたセブンレイヤーズモデルは、ビジネス基礎能力、性格特性、ストレス値、ベンチャーマインド、推定市場価格の5つの柱で能力を測定します。“心・技・体”という構造で市場価値をとらえ、個人の能力を多角的に評価、分析するオールインワン型のテストです。最大の資本である人材。個人の人間資本の大きさは市場価値として評価されます。市場価値測定研究所では、この人間資本が、7段階の階層構造を成す13の能力によって構成されることを発見し、「セブンレイヤーズモデル」としてモデル化しました。

■市場価値測定テストはこれまで約15年間、延べ150社以上の採用実績と50万人以上のビジネスパーソンの受検実績を生み出してきました。その結果、日本を代表する以下のリーディングカンパニーで導入されています。

 

「市場価値(統合型人間力)診断テスト」
新セブンレイヤーズ(PRESIDENTmodel)
とは?

■変化の激しい時代の中で、解決する課題が複雑化、また仕事のアジャイル化、またスピードある対応が求められています。

■人的資本の可視化が求められているなかで、組織全体、個人の戦力を可視化し、経営支援を行っていきたいと考えています。

■60年間ビジネスリーダーのお悩み、仕事の問題の解決の為に「心・技・体」を磨くサポートに取り組んできたプレジデント社とセブンレイヤーズモデルの生みの親である企業変革創造代表藤田氏とともに、これからの成果を出すための必要な能力を棚卸し、開発した新モデルとなります。

経営支援内容

経営支援内容としましては、

新モデル(プロトタイプ)として、多くの方に診断を体験いただきながら、組織変革、人材育成をご支援するツールとして、ご実感をいただきたいと思っています。本格リリースは、24年4月頃を予定しております。乞うご期待下さい!
<ご支援サービス>
■組織力診断
社員力診断、課長力診断、部長力診断、経営力診断等、階層別に実施することが可能。事業 部毎の診断も。組織・チームの力を数値化し、処方箋を提案する。
■適材・適所 設計支援
ストレス値をバロメータに、ストレスフルな人材を再配置して組織生産性の向上を実現して いく。適材・適所を実現し、人財を創造支援していく。
■組織健康診断
結果指標であるストレス値を軸に、原因などを特定、健康経営への具体的な処方箋を提示する。

 ■能力・キャリア開発(研修・ワークショップ)

受検対象者へはテストのフィードバックをし、自己理解をした上で、今後の能力、キャリア開発の根幹であるミッションやビジョンを明確化していく。